AIピリカ – 人工知能によるネイティブスピーカーの復活

キャラクターデザイン:本田あまね

おそらく動物種の絶滅については聞いたことがあるでしょう。人間の民族も言語を失うと消滅する運命にあります。The Summer Institute of Linguistics’ Ethnologueのデータを使用すると、NettleとDanielは、世界の人口の90%が100の最も使用されている言語を話すと計算しています。地球上の人々の約10%が少なくとも6,000の言語を話しています[1]。

話者が100人未満の言語は絶滅に非常に近いため、日常的に使用するという復活はありそうにありません[1]。アイヌ語のネイティブスピーカーの数は、1996年に15人と推定されました[2]。 2020年、状況は絶望的です。私たちはこの状況を非常に心配しています。

私たちのメインのプロジェクトは、AI(人工知能)テクノロジーによるアイヌ語のネイティブスピーカーの復活です。彼女の名前は「AIピリカ」です。 「ピリカ」はかわいいアイヌの女の子を意味します。

AIピリカは、Spoken Dialogue Method Using Inductive Learning Method Based on Genetic Algorithm with Sexual Selection (SeGA-ILSD)を使用した音声対話方式であなたと話すことができます。技術協力者がこのシステムをプログラムします。他の協力者はアイヌ語を録音して翻訳します。AI ピリカは感情が持てないと心配している方もいるかもしれません。しかし、私たちはシステムに感情を組み込みます。

世界中の絶滅危惧言語に応用できることを楽しみにしています。

[1] Nettle and Daniel. 2000. Vanishing Voices. Oxford University Press.
Moseley, Christopher (ed.). 2010.
[2] Atlas of the World’s Languages in Danger, 3rd edn. Paris, UNESCO Publishing. Online version: http://www.unesco.org/culture/en/endangeredlanguages/atlas
[3] Proceedings of the IASTED International Conference COMPUTATIONAL INTELLIGENCE. November 20-22, 2006, San Francisco, CA, USA.